INFORMATION

お知らせ

    お知らせ

    無料体験を実施しております。お気軽にお問い合わせください。

    GREETING

    ごあいさつ

    身体の状態や
    障害の程度は
    一人として同じではない。

    フィジオジャパンでは「あなたのためのオーダーメイドリハビリテーションサービス」をコンセプトに、お一人おひとりに合ったリハビリテーションを提供いたします。

    身体の状態や後遺障害の程度は一人として同じではありません。 しかし、様々な制限や規則のある保険制度の枠組みでは、リハビリテーションの必要のある方すべてに最適なサービスを提供することができません。

    保険を使わないことで、制限なく自由で価値あるリハビリテーションを受けることができます。

    機能回復から予防まで最良のサービスであなたを笑顔に 自費訪問リハビリ

    SERVICE

    サービス

    国家資格保持者が
    ご自宅や施設、ご希望の場所へ

    運動とリハビリテーションの専門家である理学療法士(国家資格)がご自宅や施設などご都合の良い場所にお伺いして、お客様お一人おひとりに合ったオーダーメイドのリハビリテーションを提供します。

    一般的な運動だけでなく、医学的な根拠に基づいた病院やクリニック、リハビリテーションセンターでも使われる技術を駆使し、後遺障害へのアプローチや身体機能の向上を目指して一緒に取り組みます。

    理学療法士 松田 悠介

    理学療法士
    松田 悠介
    Yusuke Matsuda

    フィジオジャパンのできること

    • 1

      歩行リハビリ

      歩行動作の指導、必要な筋肉やバランスをトレーニングし、もう一度しっかり歩けるようお手伝いいたしします。

    • 2

      予防リハビリ

      体力や筋力、関節の可動域を若い状態で維持し加齢や病気による寝たきりや転倒などを予防し、元気な状態を保てます。

    • 3

      神経疾患のリハビリ

      脳出血、脳梗塞の後遺障害、パーキンソン病、末梢神経障害、脊柱管狭窄症など、難病を含むリハビリも対応可能です。

    • 4

      生活リハビリ

      以前行なっていた趣味や生活動作を再度できるようになるようお手伝いいたします。

    • 5

      小児のリハビリ

      脳性麻痺や発達障害、骨関節障害などの整形外科疾患、様々な先天性疾患、治療のための廃用症候群など小児特有のリハビリを行います。

    • 6

      切断のリハビリ

      糖尿病や事故による下肢切断の方の断端のケア、義足を用いた歩行やランニングの指導を行います。

    • 7

      痛みの緩和・改善

      腰痛、肩痛、膝痛など生活の中で悩ませる様々な痛みを緩和いたします。

    • 8

      寝たきりの改善

      リハビリを実施することで日常生活動作(寝返り・起きあ上がり・立ち上がり・歩行など)を再獲得し、寝たきりから自立した日常生活ができるようになります。

    • 9

      環境調整

      身体の状態に合わせた家具の配置、福祉用具の選定等を行い生活しやすい環境設定を行います。

    ご要望に合わせたリハビリ計画

    • 歩けるようになりたい
    • スポーツが上手になりたい
    • 腰や膝の痛みを取りたい
    • ショッピングにいきたい

    保険を使わない、自由に選択する
    リハビリテーション

    「歩けるようになりたい」、「外へ買い物にいきたい」、「腰や膝の痛みを取って欲しい」、「スポーツが上手になりたい」など様々なご希望に対してリハビリテーション計画とプログラムを立案します。

    筋力トレーニングや歩行練習などを通し、日常生活につながる最適なリハビリを住み慣れた実際の生活環境の中で受けることができます。また、保険を使わない自由なサービスであるため制度上の制限がなく、ご自身による自由な選択でリハビリテーションを継続することが可能です。

    対応エリア:東京・神奈川
    初回お試し無料

    PRICE

    料金
    個別プログラム料金
    基本料金1回(50分) 8,000円(税別)

    その他時間の延長等のご相談可能です。
    お気軽にお問い合わせください。
    ※評価や環境調整のみのご相談もお気軽にご相談ください。

    AREA

    対応エリア
    東京都
    港区・品川区・新宿区・渋谷区
    世田谷区・目黒区・大田区
    神奈川県
    川崎市

    上記以外の地域の方でもご相談可能です。
    お気軽にお問い合わせください。

    FLOW

    ご依頼の流れ
    • お問い合わせ
      まずはお問い合わせフォーム、または電話にてお問い合わせください。
      お問い合わせはこちら
    • ご訪問
      担当者がお客様のご指定の場所にお伺いさせていただきます。そこで現在の状態や症状などをお聞きかせいただきます。
    • 体験リハビリ
      歩行動作、日常生活動作、筋力や関節の動き、お身体の状態を評価し、実際のリハビリプログラムを体験して頂きます。
    • カウンセリング
      現在のお身体の状態の客観的評価をお伝えし、必要なホームエクササイズ等の指導、今後のリハビリ計画のご説明、ご不明点のご質問等に回答させて頂きます。

    Q and A

    よくあるご質問
    Q. 予防リハビリって何ですか?

    A. 元気で活動できるときから
      予防のために行うリハビリテーションです。

    体をよく動かせば、体力低下の度合いを小さくすることができます。 さらに積極的に運動することで、年齢よりも高い水準を保ち、身体機能低下の予防や免疫機能の向上を期待できます。 病気や加齢に伴う変化に対応するためにも、元気で活動できるときから予防リハビリテーションを行い、身体の健康を維持していくことが重要です。

    Q. 高齢だけど運動できますか?

    A. もちろん可能です。

    運動やリハビリは年齢を問わずいつ始めても遅くはありません。 もちろん、より早い時期のスタートはより高い効果が期待できますが、いつから始めても筋力や歩行能力・日常生活機能などが向上し、若者と変わらない改善を期待できるとの報告があります。 「もう年だから」と諦める声をよく聞きますが、身体の状態に合ったトレーニングを行うことで、必ず相応の結果が期待できます。 リハビリをオーダメイドで実施することで、一人ひとりに無理なくできる目標の設定とプログラムの作成が可能になり、より良い身体の状態へと導いていきます。

    Q. また歩けるようになりますか?

    A. 寝たきりから歩けるようになった方は
      数多くいらっしゃいます。

    「もう二度と歩けない」とご本人やご家族が思っていらっしゃった方でも歩けるようになった方がたくさんいらっしゃいます。
    大切なのは歩くことを諦めないこと、適切なリハビリを専門家とともに実施していくことです。歩けるようになるために必要な運動量や時間は一人ひとりの身体状況によって違いますが、「必ずもう一度歩けるように」という想いを持ってサポートしていきます。

    Q. 時間の延長等は可能ですか?

    A. 時間の延長等のご相談は可能です。

    時間の延長等のご相談は可能です。
    時間に応じて別途見積もりを作成いたします。

    Q. 膝、肩、腰の痛みは改善できますか?

    A. 手術が必要と言われるほどの痛みの方でも
      痛みがなくなった方がいらっしゃいます。

    痛みを改善することは可能です。痛みの原因が何かをしっかりと評価し、適切な運動と治療が必要です。痛みの原因の多くは関節の安定性の低下によります。日常生活における動作パターンの癖や筋力の低下による、一部の筋肉や関節組織への負荷が過剰にかかり痛みが発生することが多く見られます。筋肉の過剰な使用をダイレクトストレッチなどで緩和し、弱いところをトレーニングすること、負担のある動作パターンを変更することでかなりの症例で痛みの緩和、改善が見られています。

    Q. 認知症や寝たきりでも対応できますか?

    A. どんな方でもできる限り
      対応させていただいています。

    寝たきりの方が再度歩けるようになることや、リハビリをすることで認知症状の緩和が見られることがあります。ご担当医等と連絡を取りながら必要なリハビリを提供することも可能です。

    Q. 後遺症の治療にも対応できますか?

    A. もちろん対応いたします。
      医療機関の治療対象外でもご相談ください。

    一般的に、脳卒中後の後遺症は「発症後6ヶ月以降は回復の可能性が低い」とされ、医療機関の治療対象外となることが多々あります。 しかし、お客様の中には、リハビリテーション病院を退院後数年が経過していても身体機能の改善が認められた方が多くいらっしゃいます。 諦めずにリハビリテーションを実施することで歩行や様々な日常生活動作がスムーズになり、自立した生活を楽しむことが可能になります。 パーソナルリハビリテーションであれば、股関節や膝の手術後、変形性関節症、廃用症候群による寝たきり、その他様々な難病等についても、保険や制度を気にすることなくご希望どおりにリハビリを受けることができます。

    Q. マッサージとリハビリの違いは?

    A. マッサージでは歩行や日常生活動作の
      リハビリになりません。

    マッサージは「気持ちよくすること」が主体で徒手的に筋肉を揉みほぐすことを指すことが多いです。 リハビリでは、お困りの状態を改善し、再度歩行や日常生活動作の再獲得を目指します。 そのために、身体機能の回復や日常生活での活動の改善を目的に身体の状態(障害の程度、筋力の状態、関節の可動域、疼痛の原因等)ををきちんと評価し、その状態に適しているコンディショニングやトレーニングを実施します。また、リハビリの専門家である理学療法士は病理学、解剖学、運動機能学、生理学等の医学的な知識を持っており、医学的な根拠に基づいたリハビリを実施することが可能です。

    Q. 脳卒中のリハビリって効果があるのですか?

    A. 使用可能な残存機能を見極め
      リハビリすれば改善する可能性があります。

    脳卒中(脳出血、脳梗塞)後のリハビリでは、機能回復と残存機能の活用が重要です。以前は脳は障害を負うと回復しないと言われていましたが、最新の研究では脳も再生する可能性や、傷を負っていない細胞が傷ついた細胞を補う機能(脳の可塑性)を持つと考えられています。
    これらは専門家による適切なリハビリを時間をかけ根気よく実施することによる脳細胞への刺激が重要です。 また、麻痺の影響により、残存している機能を十分に活用できていない可能性があります。使用可能な残存機能を見極め、上手に体を使うトレーニングをすることで、諦めていた歩くことや日常生活での様々な活動が画期的に改善することがよくあります。

    Q. 訪問リハビリではどのような事をするのですか?

    A. ご本人の生活環境で
      一番必要なリハビリを行います。

    ご自宅や施設などご希望の場所まで理学療法士が伺い、身体の評価、筋力強化、コンディショニング、動作指導などお身体の状態に必要なリハビリやエクササイズを行います。

    Q. リハビリの担当はどんな人ですか?

    A. 国家資格保有者が担当いたします。

    スタッフ全員がリハビリを専門とする理学療法士(国家資格)を保有しています。
    病院やリハビリテーションセンター等でリハビリを実施していた十分に経験あるスタッフがお伺いします。

    CONTACT

    お問い合せ
    フィジオジャパン
    • 03-6260-8702
    • info@physio-japan.jp
    • 営業時間 9:00〜18:00 (土日定休)
      上記以外の時間でもご相談可能です。
      お気軽にお問い合わせください。

    フォームからお問い合わせ ※Googleフォームへ

    ORDER MADE
    REHABILITATION
    PHYSIO JAPAN

    The type of therapy and goals of therapy may be different for different people. An older person who has had a stroke may simply want rehabilitation to be able to dress or bathe without help. A younger person who has had a heart attack may go through cardiac rehabilitation to try to return to work and normal activities. Someone with a lung disease may get pulmonary rehabilitation to be able to breathe better and improve their quality of life.

    フィジオジャパンロゴ